1/24 備忘録 気

Pocket

備忘録

物にはすべて「気」がある

家のなかのものにも「気」がある。

わたしたちが喜んでその物を使うことでそれらのものが活きてくる。

逆に粗末に扱われればそのものは死んでいく。

水野南北は

天地の徳を理解している人は、あらゆるものに対して浪費しない。この行いが天理にかなうので、やがて福寿が訪れる。

だからより一層ものを大切にし倹約を守ることを自分の楽しみとする。

すると心も穏やかになり、活力が養われる。

食はもちろんのこと、わたしたちは必要以上の「物」に囲まれて生きている。

それはわたしたちが浪費をした結果。

胃には無駄なものが溢れている。

本当に必要な大切なものはどれくらいあるだろうか。

不要なものにかこまれているというのは、身体に毒素を溜め込んでいるのと同じ。

家のなかの不要なものから「邪気」が出ている。

ものにも「魂」がある。あなたから見捨てられたものが家の中にたまっていくと、あなたに悪影響を及ばす。

家の中の状態はあなたの「こころ」そのもの。

家野なkんが不用品だらけで掃除もされていないでは、「邪気」が万円し、良い運気が入り込む隙間がない。

不要なものが家からなくなると、ものを買うときに「本当に必要なものかどうか」を常に意識するようになる。

その結果本当に必要なものに囲まれ暮らすことになる。

本当に必要なものだから、感謝して使用できる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする