小学校入学式:父親・母親の服装は何を選ぶ?

Pocket

小学校の入学式。新1年生の服装準備も大変ですが、親の服装選びにも迷いますよね。どんな服装を選べばよいのでしょうか。

小学校の入学式は、父親も母親もスーツを着ることが多いようです。しかしスーツといっても色や形などさまざまな種類があります。

ここでは、小学校の入学式にふさわしい、父親母親の服装についてご紹介していきます。

小学校の入学式:父親の服装はスーツ

新一年生が主役の入学式ですが、保護者である父親も、少しおしゃれなビジネススーツなどを選ぶとよいでしょう。

ただ、母親も出席するのであれば、ビデオ撮影や写真撮影は父親の仕事になりそうです。動きやすさも考える必要がありますね。

お持ちであれば、スリーピースの着用が良いでしょう。ビデオ撮影などで上着を脱ぐときでも、ベストを一枚着ているとおしゃれです。

スーツの色は紺やグレー

スーツの色は、紺やダークグレーが主流となっています。新調するのであれば、紺が良いでしょう。紺は普段使いでも着回しができますので便利です。スーツの柄は、薄いストライプなど目立たない柄か無地を選ぶと良いでしょう。

シャツの色や形

シャツは白が基本。薄めのピンク・ブルーなどのシャツがあれば、おしゃれに見えます。派手な色のシャツは避けましょう。

シャツのえりの形はノーマルがよいでしょう。ボタンダウンも派手なものでなければ大丈夫です。

ネクタイ・ポケットチーフの色・柄

ネクタイは、派手な模様や派手な色のものは避けます。白や黒の単一のネクタイも避けましょう。

白は校長先生や来賓の方が身に着けることが多いようです。保護者である父親は白単一のネクタイは着けません。また黒は葬式用というイメージになりますので、避けましょう。

小学校入学式の父親のネクタイは、派手すぎない明るめの色がいいようです。柄も目立ちすぎるものは避けましょう。あくまでも主役は1年生です。

迷ったときには、紺系のネクタイを選んでおくと無難です。ポケットチーフはネクタイの色に合わせると良いですね。または奥様の服装の色にに合わせるとよいでしょう。

靴・靴下のおすすめは?

入学式の父親の靴は、革靴などのフォーマルな靴がいいでしょう。普段、革靴を履いている方は、その靴で良いと思います。ただし、キレイに磨きましょう。

入学式の看板の前で写真撮影するならば、黒の革靴がすっきり見えます。

靴下も同様に、落ち着いた色の靴下を選びます。スニーカーソックス等は避け、黒や紺・グレーなどの長めの靴下がいいですね。

バッグ・サブバッグ

あまり深く考える必要はありませんが、派手なバッグは避けます。黒のセカンドバッグなどでよいでしょう。

父親が出席するのであれば、ビデオやカメラはシンプルなトートバッグに入れて、持ってあげると奥様に喜ばれますね。

スリッパ

屋内用スリッパも忘れないようにしましょう。スリッパもシンプルなものにします。

小学校の入学式:母親の服装はセレモニースーツが多数派

小学校の入学式。母親は、明るめのセレモニースーツを着るかたが多いようです。スーツの色については、

  • 卒園式 ➡ お別れの式典であるため、黒、紺、グレーなどの落ち着いた色
  • 入学式 ➡ お祝いの式典であるため、ベージュ、ピンクなどの淡い色

と言われています。

式典のため、セミフォーマルと言われるひざ下丈のスカート(ワンピース)が基本でした。しかし、最近ではパンツスーツのかたもいて、形式にとらわれない服装になってきているようです。

また、ブラックフォーマルが主流の地域もあるようです。このあたりは地域性もあるようなので、地域の先輩に聞いておくとよさそうですね。

また、こういったセットスーツであれば、卒園式と入学式にコーディネートできて便利です。

また、その次に多いのが、ワンピースにジャケット派。

入学前には卒園式があるので、「同じスーツで済ませたい」というかたもいるはず。そんなときには、グレーのスーツがおすすめです。最近ではセットになっているものもあり、コーディネートに悩む必要もありません。

セレモニースーツのレンタルという手も

兄弟がいれば、同じスーツを着まわすこともあるかもしれません。しかしそのときの自分の体形にあっているかは別問題。

そんなときには、レンタルを利用するのもひとつの方法です。

また、卒園式にはセレモニースーツを用意して、入学式のスーツはレンタルにするなど、自分の好みに合わせたコーディネートを考えることもできますね。

靴やストッキングは?

靴は、黒やベージュなどの落ち着いた色がおすすめです。バッグの色を合わせると、全体のコーディネートがうまくいきます。

ストッキングは、ベージュです。黒のストッキングはお葬式をイメージするので避けましょう。

バッグ

バッグは、フォーマルバッグをひとつ用意しておくと便利です。このバッグにはカメラやビデオなどを入れることができないので、このバッグとは別にサブバッグを用意しておくといいですね。サブバッグもシンプルなものがよいでしょう。

アクセサリー・コサージュ

入学式のセレモニースーツは、コサージュやアクセサリーをつけると華やかさが違います。とくに黒や紺などの落ち着いた色のスーツを着る方は、ぜひつけてみてください。

コサージュで人気なのは、淡い色のものです。ピンクやベージュ、パープルなど好みや服装に合うものを見つけましょう。黒のコサージュは避けます。

主役はあくまでも子どもたちです。シンプルで上品なコサージュにしましょう。

アクセサリーは、パールがいいですね。ブラックパールは喪をイメージしやすいので、避けるようにします。

スリッパも忘れずに

屋内用のスリッパを忘れないようにしましょう。また、式典が行われる体育館は意外と寒いものです。コートは脱ぐことになりますので、ひざ掛けやショールなどがあったほうがいいかもしれませんね。

まとめ

主役の一年生だけでなく、保護者である父親母親の服装も、いろいろと準備があるものです。早めの用意で、余裕を持って入学式を迎えられるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする