3/8備忘録

Pocket

備忘録

「独り言」は最強の引き寄せになる

毎日思考していること

それが今の現実を創っている

自分がご機嫌であれば

その現実を引き寄せる

今あなたの目の前に起こっている現実は

過去のあなたの思考から生まれたもの

ということは

今のあなたの思考が

これからの未来を創る

自分がどうすれば機嫌よく過ごせるか

ということを考える

人間の思考は言葉でできている

ストレスなくできること

何の努力も勉強も修行も知識もなくできること

それこそがあなたの好きなこと 得意なこと

自分が当たり前にできることをやればいい

あなたがあなたの足で一歩一歩進むから楽しい

自分で見つけるから発見がある 実感がある

それを楽しむ

起こった出来事に意味があるのではなく

それをあなたがどう捉えるか

によってその出来事の意味が変わる

「今」という時点の自分をたくさん信じて

愛でてあげる

とにかく今の自分でいいんだということ

自分が想像しているもの

想像しているものに付随して感情というものが

湧き上がってくる

この感情をもって自分の波動が決まってくる

ハッピーなものを想像して そこに付随してうれしいなーと思う感情を

湧き上がらせることができると

とても陽気な波動が発せられる

そのことによって

その波動をもって、今想像しているものが現実化する

その大前提として

「こういうふうな自分として生きれたらいいな」という

その時の自分だったら最高なのに

今の自分て別にたいしたことないよな

みたいな意識とか

想像しているときの自分、その立ち位置になれたら

わたしという存在は自分を受容できるのに

そのときの自分というものならば

自分をたくさん愛でてあげることができるのに・・・

今という時点の自分ていうものを

無意識のうちに否定してしまっていて

実は潜在意識的には深い部分で

自分自身が今の自分をあまり愛でてあげる

というところまでできていなくて

それがあるから、心の深い部分から

明るい未来を想像して

「わーほんとに幸せだなー」という

深いところからの喜びを湧き上がらせることができない

というような感じになっっているということが

起きている

こういうふうな状況になれたら最高なのになーとは

誰でも思う

今の時点の自分とこういうふうな生活ができたらいいな

こういうふうな夢を叶える自分になれたらいいな

というところで

その自分になれたときには、その自分をほめてあげられるけど

でも今の自分を褒めるということをあまりやっていない

のはもったいない

どちらかというと

その夢を叶えられなくても

今の自分のほうが最高!と思ってくれているぐらいで

いてくれると実はその夢は叶いやすい

実はそういう構図がある

本気でその嬉しい出来事を現象化させたいと思うなら

その時の自分になったら最高だ

その時の自分だったら認めてあげられるのに

というような意識ではなくて

今の自分がいるからこそ

今の自分をたくさん愛でてあげられるからこそ

心の奥底から本当に嬉しいという感情が湧き上がってきて

そして「嬉しいなー。この自分でいいんだ。一生懸命生きてきた

この自分だからこそ、こんな素晴らしい未来が創れるんだ」

というような

今の自分をたくさん喜ばせてあげるような

うれしいーと心の底から叫ぶような

言葉かけをしてあげると

その波動をもって「うれしー」と思ったこの感情が

本当にうれしいと思うような未来をつくる

周りの人からみたら

「あいつ馬鹿だよな」と思うようなことをしているかもしれないけれど

自分ってダメだなと思ってしまうことがあるかもしれないけど

それでも「私なりによくやっているよね」

「あの時は自分なりに良かれと思ってやった。あそこはミスしちゃったけど」

「そこはきちんと謝ったから大丈夫」

「ありがとね。今日の自分も最高だと思うよ」

そういう言葉をしっかりと今の自分にかけてあげながら

過ごしていると

心の奥底から自分がうれしいーと感じる。

周りの人から言われたら嬉しい言葉を

徹底的に自分にかけ続けてあげることがとても大切

今日までの自分をどこまでも肯定してあげるということ

その目標をまだ達成できていない私だけど

でもそのあなたを愛しているよ

本当に今日という日をがんばって生きてくれてありがとう

そういう意識をずっと持っていてあげると

心の奥底ですごく「うれしー」というような

自分のインナーチャイルドというか

内側の自分が感動する

みたいな感じになる

そういうふうな自分になっていると

生きる活力が湧いてくる

その自分で「頑張って動いてみよう」というような

そういう動きになり

達成したいと思っていたような自分になる

素晴らしいのは目標を達成した自分ではなく

今の自分

今日という日を懸命に生きている

今の自分

どんな時も大切なのは

「足りていない」という意識ではなく

「十分」という意識

「よくやってるよ」という意識をどこまでも刷り込んでいく

「ある」という意識を奥深く

自分で自分に刷り込んであげる

大切なのは今の自分に何ができるかではなく

今後どうやって生きていきたいか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする